tricolore

2012-06-18 | 東京レトロフォーカス別室

docomo L-03C / Pentax 3X Optical Zoom 6.3-18.9mm F3.1-5.6 / (C)  Keita NAKAYAMA

docomo L-03C / Pentax 3X Optical Zoom 6.3-18.9mm F3.1-5.6 / (C) Keita NAKAYAMA

人間は色を美化して記憶する。
この3枚の画像は、いつものカメラケータイで身近な色を切り取ったもの。
コンデジの常として、実物とはかけ離れた色再現だが、不思議な説得力がある。かといってトイカメラ的な嘘くささがないのは、単純な色のなかにも微妙なトーンの推移があるからだ。
塗り絵っぽい写真も面白いとは思うけど、やはり記憶には背けない。そういう不自由な人間にとって、コンデジはなかなか便利な道具だと、あらためて思う。

▲photo01:行きつけのイタリアン謹製、帆立の貝柱とバジルのリゾット。国産のうるち米は粘りが出るのでリゾットには不向き。とはいっても、イタリアからの輸入米は相応に高価でランチには使いにくい。手近な食材でどうやって本物の食感を出すか、そこが料理人の腕の振るいどころ。このお店のリゾットはちゃんとアルデンテだ。

docomo L-03C / Pentax 3X Optical Zoom 6.3-18.9mm F3.1-5.6 / (C)  Keita NAKAYAMA

docomo L-03C / Pentax 3X Optical Zoom 6.3-18.9mm F3.1-5.6 / (C) Keita NAKAYAMA

▲photo02:人気のキャラものスチーマー。食パンに付いているシールをちまちまと貯めてゲットした。こういう愉しみは子供の頃のベルマークで癖になったのだと思う。ノベルティとしてよく考えられた企画ではあるが、ちょっと小さ過ぎて実用性に欠ける。って大の大人が文句をたれるようなものじゃ、ないか。

docomo L-03C / Pentax 3X Optical Zoom 6.3-18.9mm F3.1-5.6 / (C)  Keita NAKAYAMA

docomo L-03C / Pentax 3X Optical Zoom 6.3-18.9mm F3.1-5.6 / (C) Keita NAKAYAMA

▲photo03:実家の庭のガクアジサイ。実物はもっと彩度が低い。あまり知られていないが、紫陽花には毒性があり、うっかり食すと中毒死することがあるらしい。何でも口に入れる子供だった僕が生き延びたのは、花の色に食欲をそそられなかったためだろうか。そういえば虫食いのあるアジサイの葉っぱって、視た記憶がないな。

Trackback URL

------