FUJICOLOR 100

2009-10-27 | 東京レトロフォーカス別室

    Leica M5 / Voigtländer Nokton 50mm F1.1/ F1.1 1/8sec. / (C) Keita NAKAYAMA

Leica M5 / Voigtländer Nokton 50mm F1.1/ F1.1 1/8sec. / FUJICOLOR 100 / (C) Keita NAKAYAMA

大阪出張から帰った翌日とその次の日は都内で撮影。
デジタル機ばかり使っていると、自分の中での基準がズレてしまいそうなので、フィルムカメラも併用する。
冷蔵庫の中から、まだ使ったことのないフィルムを取りだしてカメラに詰める。「フジカラー100」というシンプルなネーミングに、原点に立ち帰って息の長い製品を、というつくり手の思いを感じる。

感度100のこのネガフィルム、今の市場では安価な部類で、特に宣伝もされていないので知名度も低い。でも最新の技術がちゃんと反映されていて、特に粒状性とトーンのつながりはたいへん良好。心に描いた通りの階調がたやすく手に入る。ちょっと前までのデジタルのように、ハイライト部でいきなりジャンプしたり、シャドー部が突然潰れたり、は論外として、階調推移の自然さと安定感は、やはりフィルム特有の美質だと思う。
発色はちょっと地味目。スペリア系の派手さ(僕はちょっと苦手だった)とも、使い慣れたリアラのヴィヴィッドさとも違う落ち着いた再現性で用途を選ばない。
なによりこのフィルムの価値は、どの街角でも手軽に手に入ること。だから好きなカメラで好きな被写体を、いつでも好きなように撮っていられる。

もしフィルムがこの世から消えたとしても、それで写真が撮れなくなるわけではないのだから、別の記録方式で撮ればいい。などと一方では思いつつ、ここまで写真を支えてきた道具や文化が、コストや利便性といった「使い手の身勝手」で消えてしまうのは、あまりに哀しい。
写真が限りなくタダに近づくこのご時世だからこそ、お金と手間のかかるフィルムで撮るときには思い入れもひとしお。ひと仕事終えたあとのスナップでも、無駄にすまいと頑張ってみたりする。
でもそういう単純な思い込みや頑張りこそが、今の写真に欠けているものではないのか、となんとなく思うのであった。

Special thanks to MAYUMI.

Trackback URL

------